H29桑原小学校日記

「第2回学校保健委員会(薬物乱用防止教室)の開催について」

 本日、35名の保護者の方にも参加していただき、第2回学校保健委員会(薬物乱用防止教室)を開催しました。本校の学校医である、児玉小児科院長 児玉義史先生をお招きし、主にたばこの害についてお話ししていただきました。参加していた6年の児童は、保健の授業で学習していたため、たばこが体に悪いことはわかっていたのですが、たくさんの写真を使って専門的に説明していただき、さらに理解を深めることができたようです。
 

「寒さに負けず外遊び」

 寒い中、子どもたちは休み時間に進んで外に出て、縄跳びや鬼ごっこなどをして遊んでいます。元気いっぱいの1年生は、冬休み前にはできなかった後ろ跳びや駆け足跳びも少しできるようになりました。
 

「雪の中で」

1月24日(水)

 今日は、子どもたちが登校するときから雪が降っていました。昼休みには、たくさんの雪が舞う中、北運動場も南運動場も元気に走り回る子どもたちで、一杯になっていました。子どもたちは、雪が降っていることで、寒さよりも楽しさを感じていたようです。

「なわとびチャレンジ」

1月23日(火)

 昼休みに、6年生は体育委員会が主催するなわとびチャレンジに参加しました。
 友達と声を掛け合って、あや跳びや二重跳びなどに挑戦し、楽しく体力つくりに取り組みました。

「再現!桑原の里」

 5年生は、総合的な学習の時間で、桑原の歴史や文化について調べています。古墳や神社など、秘密がいっぱいありそうです。調べ方も上手になりました。 これから、調べたことを資料にまとめ、効果的に発表する予定です。