H29桑原小学校日記

「離任式」

3月29日(木曜日)

 10時から、離任式を行いました。退職や転勤される9名の先生方とお別れすることになりました。
 

 先生方からは「みなさんのことが大好きです。」と温かい心のこもったお話をいただきました。
 児童を代表して、5年生の二人が「今まで、ありがとうございました。先生方に教えていただいたことを胸に、頑張っていきます。」と感謝の気持ちを伝えました。
 

 金管バンド部の演奏と拍手の中、退場されました。9名の先生方、これまで、ありがとうございました。

「満開の桜」

3月28日(水曜日)

  校内の桜が満開に咲いていました。穏やかな天気で、過ごしやすい日となりました。
 一方で、春に注意が必要なことを「春の5K」というそうです。
  1乾燥、2強風、3寒暖差、4花粉、5黄砂
 朝のニュースで、春には1日で20度以上の寒暖差になることもあるそうです。

「修業式」

3月23日(金曜日)

 今朝の気温は、2度で風が冷たく感じました。
 早いもので、本年度も終わりを迎えました。代表の児童6名が、できるようになったことや次の学年への抱負を発表しました。子どもたちは何事にも元気いっぱい取り組み、できることが増えたようです。
 春休みには、「約束やルールを守る。」「勉強や読書をする。」約束をしました。

「卒業式」

3月22日(木曜日)

 朝、降っていた小雨も上がり、卒業式を行いました。学級園の菜の花が鮮やかに咲いていました。

 体育館に呼びかけの声や歌声が響き渡りました。
 卒業生も在校生も、立派な態度で臨んでいました。
      

 金管バンド部の演奏で、卒業生が退場しました。どの子も胸を張っていて、晴れやかな気持ちが伝わってきました。

 卒業生を見送るときには、日が差し、桜の花も光っていました。

「卒業式準備」

3月20日(火曜日)

 午後から、5年生が卒業式の準備を行いました。教室や体育館の準備を計画通りに行うことができました。
 きびきび働いていた5年生の皆さん、ありがとうございました。
   

「学校花日記」

 花は咲き始めが最も美しいと思います。この春、特に目をひいたのは、正門の南にある杏の花です。これを杏と知る方はなかなかおられず、桜か桃か、いや梅でしょう。などと言っていたのですが、玉井先生に調べていただいてそのいずれでもないことが分かりました。
 梅とのはっきりとした違いはガクの形状、開花とともに反り返ってしまうとのことで、よく見てみればその通りです。中国原産で、奈良時代に梅と一緒に渡来したとか・・。10日ほど前から咲き始めましたが、学校では河津桜とソメイヨシノの間をつなぐという感じ。年度をまたいで咲くソメイヨシノも、もう蕾を出しています。皆様、次年度もよろしくお願いいたします。
 バラ科のサクラ属、英名はアプリコット。そういえば、昨年も丸くてかわいらしい実をつけていたのをようやく思い出しました。

 

「アルミ缶回収」

3月19日(月曜日)

 今年度最後のアルミ缶回収を行いました。
  ニコニコクリーン委員会のみなさん、お疲れ様でした。
 アルミ缶を持ってきてくれたみなさん、ありがとうございました。
 今回は、「ドッジビー」と「鉛筆削り」を購入する予定です。 

「春ですね!」

3月19日(月曜日)

 桜の花が朝には、10輪ほど、咲いていました。昼過ぎには、100輪以上になっていました。
 
 1校時に、4、5年生で、卒業式と入学式の練習を行いました。今日は、呼び掛けと歌の練習を中心に行いました。

「もうすぐ春ですね 2」

3月16日(金曜日)

 今日は、桑原中学校の卒業式の日でした。
 桑原小学校では、卒業式のリハーサルを4、5、6年生で行いました。子どもたちは、張り詰めた緊張感の中、立派な態度で臨んでいました。特に、6年生の呼びかけや歌・態度は、とても素晴らしく感じました。
 正門横に可憐な花が満開に咲いています。何の花なのか調べてみると、「アンズ」の花であることが分かりました。

 一方「ソメイヨシノ」の冬芽は、ピンク色に変わっていました。卒業式までには、咲きそうです。

「もうすぐ春ですね!」

3月14日(水曜日)

 今日は、日差しが強くなり暑く感じられました。午後1時の気温は、22度になっていました。
 3月は花見月と呼ばれるほど、梅・桃・桜をはじめたくさんの草花が咲き誇る季節です。桑原小学校でも多くの花が咲き始めました。南校舎の西側には、「八重桜」でしょうか。すでに満開に咲いています。

 運動場への通路にある桜は、「ソメイヨシノ」でしょうか。冬芽が、黄緑色になって膨らみ始めています。春の足音が聞こえてくるようです。

子どもたちが育てている「パンジー」や「ビオラ」も美しく咲いています。これらは、8日後に行われる卒業式に飾る予定です。

「縦割り清掃」

3月12日(月曜日)
 インフルエンザのため、学年清掃が続いていましたが、縦割り清掃を再開しました。
 卒業式まで、残りわずかとなりましたが、6年生を中心に学校がきれいになっていきますね。

「夢へはばたけ ありがとう6年生集会」

3月9日(金曜日)

 6年生を送る会を開きました。各学年のみんなが、今までお世話になった6年生に感謝の気持ちを込めて出し物やプレゼントを用意し、温かい集会になりました。

 5年生は役割を分担し、準備、企画、運営と頑張りました。初めての事に戸惑うこともありましたが一生懸命取り組みました。喜んでくれた6年生の顔を見て、充実感と達成感を味わいました。

「6年生を送る会」

3月9日(金)

 5校時に「6年生を送る会」を行いました。1年生から5年生まで、心のこもった出し物を発表しました。6年生にとって、心に残るよい思い出になったことでしょう。6年生の歌「旅立ちの日に」は、心に響く歌声でした。
 6年生が桑原小学校に登校する日は、8日となりました。1日1日を大切に過ごして欲しいです。

「縦割り班活動」

3月9日(金)

 4校時に、5年生の計画で「縦割り班活動」を行いました。フルーツバスケットやステレオゲームなどをして、楽しく過ごしていました。
 6年生に、メダルやメッセージカードなど、感謝の気持ちのこもったプレゼントを渡していました。

「ようこそ夢の町へ」

3月8日(木曜日)

 4年生は、図画工作科の「ようこそ夢の町へ」で、段ボールを使って町を作りました。子どもたちは、時間いっぱい夢中になって取り組んでいました。自分たちが住んでみたい建物になるように、色を塗ったり、椅子やパソコンを作ったりしていました。

「縦割り班活動」

3月8日(木曜日)

 縦割り班で、6年生が中心となって「交流弁当」と「縦割り班遊び」を行いました。
 楽しい会話の中、弁当を食べた後、縦割り班でハンカチ落としやじゃんけん列車などをして、楽しく交流していました。
  

「なわとびクラスマッチ」

3月8日(木曜日)

 4年生の「なわとびクラスマッチ」は、インフルエンザのため、2週間延びて行いました。
 7:30には、南運動場に4年生が縄跳びの練習に出てきていました。やる気一杯の4年生です。
 個人種目は、6種目で「後ろ1拍子」「かけ足跳び」「あや跳び」「交差跳び」「二重跳び」「1分間跳び」
 団体種目は、「8の字跳び」で、行いました。
 友達が跳んでいるときには、大きな声援を送っていました。また、友達が跳べると歓声や拍手が起きて、盛り上がったクラスマッチになりました。個人パーフェクト賞は、42名いました。よく頑張りました。

「情報モラル教育」

3月7日(水曜日)

6年生は、NTTドコモの方に携帯電話・スマホの安全な使い方について学びました。
 「インターネットは、家族や友達だけでなく、世界中の知らない人ともつながっている。」
 「インターネットに載せてしまった画像は、消せない。」
 「個人情報は伝えない。」
 「相手の情報が本当かどうか分からない。」
など、トラブルに巻き込まれないために気をつけることを教えていただきました。実際に起こった事例の再現ドラマから子ども達にもその怖さが伝わりました。また、フィルタリングマン(実は警察の方)も登場し、インターネットを安全に使うためのフィルタリングサービスについて教えてくれました。インターネットを通じて、犯罪に巻き込まれるケースが愛媛県でも起こっていることを知りました。

 子どもを犯罪から守るために、保護者の皆様も、フィルタリングの活用やスマホなどの使い方のルールなど、家庭でも話し合ってください。

「全校集団下校」

3月7日(水曜日)

全校集団下校を行いました。快晴で澄み切った青空の下、静かに北運動場に集合していました。
 「3月からは、帰宅時間は5時半です。時間を守りましょう。」
 「公園では、きまりを守って遊びましょう。」
 「登下校のときには、きちんと並んで歩きましょう。」
三つの約束をして、下校しました。

「遠足」

3月6日(火曜日)

 3年生は、バスで「えひめこどもの城」に遠足で行きました。
 午前中は、グループでこどものしろを探検しながら、ボブスレーやテントウ虫のモノレール、くるくるボード、ロードトレインの乗り放題。お弁当の時間は、ステージで3年生のお笑い芸人?やアイドル?の飛び入りショーもあり、お楽しみのお菓子交換やおしゃべりに花が咲きました。午後からはあいあい児童館や芝生広場で笑顔いっぱい元気いっぱいの1日でした。
 残り少ない3年生の日々も大切に笑顔の花を咲かせいきたいと思います。